シード1dayPure EDOF(イードフ)のCMで「日本初、医療発篇」が放送されていますね。

米倉涼子さんがシードのEDOF(イードフ)を持って「誕生、日本初医療発、日を変える遠近」微笑むCMになっています。

今回はこのCMに出演している女優・米倉涼子さんについて紹介します!

シード コンタクト「日本初、医療発篇」のCMがこちら

米倉涼子さんがシードのEDOF(イードフ)を持ち、「誕生、日本初医療発、日を変える遠近」と登場します。

紹介映像に続いて「その見えにくさ、我慢しないで」と顔がアップになり、かっこよくポージングを決めます。

最後は「いーじゃん、EDOF(イードフ)」と微笑んでいますね。

 

シード コンタクト「日本初、医療発篇」のCMに出演しているのは?

このCMに出演しているのは、女優の米倉涼子(よねくら りょうこ)さんです。

第6回全日本国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞し、最初はモデルとしてファッション雑誌 『CanCam』(などに出演していました。

1999年からは女優に転身し、トレンディードラマを中心に活動します。

 

松本清張の3部作では悪女役を演じて役の幅を広げ、舞台にも進出し、『CHICAGO』でブロードウェイの主演デビューを果たしました。

また『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズは自身最大のヒット作となり、常に高視聴率をキープする人気シリーズとなっています。

米倉涼子プロフィール

プロフィール
生年月日:1975年8月1日
出身地:神奈川県
身長:168cm
血液型:B型
趣味:読書、バレエ

幼いころからクラシックバレエを習っていた米倉涼子さん。

高校生の時に友人が応募したのがきっかけとなり、第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞し、モデルデビューを果たします。

1999年には「女優宣言」をして、それ以後トレンディードラマを中心に活動し始めます。

『黒革の手帖』『松本清張 けものみち』『松本清張 わるいやつら』では予想以上の反響を呼び、役者魂に火をつけたそうです。

 

2012年7月には『CHICAGO』でブロードウェイ主演デビューを果たし、日本人女優がアメリカ人の役柄を演じるというブロードウェー史上初の快挙を成し遂げました。

そして主演を演じる『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』シリーズが当たり役となり、現在も続く人気シリーズとなっています。

 

シード1dayPure コンタクト「日本初、医療発篇」のCMまとめ

シード1dayPure EDOF(イードフ)「日本初、医療発篇」のCMで話題の女優は米倉涼子さんでした!

同じ女性からの支持もあつく、クールな役を演じることが多いためできる女のイメージがありますが、実は暗い性格であまり自信がないとか。

そのため人一倍努力し、いまの栄光を勝ち取ったのでしょうね。

今後も国民的女優として、どんどん活躍していくのが楽しみですね!