ポカリスエットゼリーの最新CM「ともだち篇」が放送されていますね。

吉田羊さんに子供役の女優さんが「怒った姿もなんでも言える」と語る、ポカリスエットゼリーのCMになっています。

CM曲はスピッツの”優しいあの子 ”で、2人で一緒に歌っています。

今回はこのCMに出演している女優さんについて紹介します!

 

ポカリスエットの最新CM「ともだち篇」のCMがこちら

子供役の女優さんが、「怒った姿もなんでも言える」「Nちゃんは、まぁちょっと80%位の自分しか出せてないかな」とほかの友人のことを語っています。

Nちゃんというは、同級生の頭文字「N」なんでしょうね。

朝ドラの主題歌にもなったスピッツの”優しいあの子 ”を吉田羊さんと共に歌っているのが誰だか気になりますね!

 

ポカリスエットゼリーCM「ともだち篇」のCMに出演しているのは?

このCMに出演しているのは、女優・鈴木 梨央(すずき りお)さんです。

まだ中学生ですが、高い演技力と存在感で話題になっています。

テレビドラマ『カエルの王女さま』で子役としてデビューし、その後『八重の桜』にて綾瀬はるかさん演じる主人公・八重の幼少期を演じて注目を集めました。

今後が期待される女優さんの1人ですね!

 

鈴木梨央プロフィール

プロフィール
生年月日:2005年2月10日
出身地:埼玉県
身長:160cm
血液型:A型
趣味:ギター

5歳の時から芸能活動をスタートしており、ドラマ『Mother』を観て「芦田愛菜ちゃんみたいになりたい」と思ったのがきっかけだそうです。

NHK大河ドラマ『八重の桜』にて主人公・八重の幼少期を演じ、注目を集めるようになります。

『Woman』で満島ひかりさんの娘役を好演したことをきっかけに、注目の子役としてテレビ出演が増えます。

その後も『明日、ママがいない』『お兄ちゃん、ガチャ』『あさが来た』『八重の桜』など立て続けに話題作に出演します。

 

『リトルプリンス 星の王子さまと私』では声優に初挑戦し、日本人最年少の主演女優でカンヌデビューを果たしてます。

芸能活動を始めるきっかけとなった芦田愛菜さんとは『明日、ママがいない』でドラマ初共演を果たし、「夢のようです」と喜びを語っていました。

2015年から出演している大塚製薬『ポカリスエット』のCMでは、子役として初めて起用されて話題を集めています。

第11回ドラマ・オブ・ザ・イヤー2014 新人女優賞を受賞するなど、名実ともに実力派の女優さんです!

 

ポカリスエットゼリーの最新CM「ともだち篇」のCMまとめ

ポカリスエットゼリーの最新CM「ともだち篇」のCMで話題の女優は鈴木梨央さんでした!

鈴木梨央さんは長い台詞を覚える際に最初は一人で集中して覚え、あとは母親に相手役をしてもらっているという徹底ぶり。

難しい台詞や方言などはリズムを付けて覚えるということで、いつもスラスラ台詞が出てくるのは本人の努力の賜物なんですね。

今後も女優としてさらにステップアップし、たくさんの作品に出演していってほしいですね!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク