12月1日から道路交通法が改正され、スマートフォンなどを操作しながら運転する「ながら運転」に対する取り締まりが強化されますね‼︎

罰則強化で飲食やテレビ操作だけで捕まる可能性もあると、ネットでは噂されてますね

運転免許は大切なものですので、しっかり罰則強化対策をできるよう情報をまとめてみました。

ながら運転罰則強化について

12月1日の道路交通法改正で変更されたのは、スマホを持ちながらなど、「ながら運転」についての罰則が強化されたというところです。

今までは違反点数が1点だったものが、3点となり、反則金も6,000円から18,000円と3倍になりました。

運転免許を取得したばかりの方で違反してしまうと、すぐに講習の通知がきてしまう可能性もありますね

また、交通の危険を生じさせるような違反とされた場合の罰則は、違反点数が2点から6点になり、一発で免許停止となってしまいます。

さらに反則金を納めておしまい、ということにできず、1年以下の懲役または30万円以下の罰金が適用される刑事手続きへと進んでしまいます。

つまり、「ながら運転」で交通事故を起こした場合、それだけで罰金刑・懲役刑が科されるという可能性も十分にあるということになりますので充分な注意が必要ですね

※携帯電話使用等の違反点数・罰則・違反金の一覧表。

出典:警察庁資料から引用

 

 

 

 

ながら運転罰則強化で一発免停の可能性あり

ここで大切なところは交通の危険の厳罰化であり、交通の危険の場合、違反点数は6点。

さらに反則金の適用がなくなって刑事手続きの対象となっている。これはつまり、違反をすれば即、免許停止処分の対象となるところが怖いところです。

免許停止になるのは、累計点数が6点以上の場合。その期間は過去3年以内の運転免許停止等の処分回数と違反点数によって定められていますよね。

例えば、過去3年以内に免許停止処分を受けたことのない(前歴のない)ドライバーの場合、6~8点で30日間。9~11点で60日間。12~14点で90日間の免許停止処分となります。

つまり、ながら運転で事故を起こせば、それまで違反のないドライバーでも、免許停止30日間。さらに反則金ではなく、30万円以下の罰金が科せられる可能性がある。

また、違反が重大・悪質であれば、1年以下の懲役となることもあり、前科がつくことになる。ながら運転はそれほどに重大な違反ということです。

ながら運転罰則強化対策 違反となるケース 違反じゃないケース

ここまで強化されてしまうと、これからは信号待ち中のスマホ操作もダメと勘違いしてしまいますが、そういうことではありません‼︎

道路交通法の「ながら運転」に関する条文、第七十一条では「当該自動車等が停止しているときを除き」という但し書きがあるので、道路交通法改正後も、信号待ちの際にスマホを少し操作したからといって、取り締まりを受けることはないのです。

ただし、完全に停止していなければダメなので、信号待ちで前の車との車間が空いて、少しだけ移動の際にスマホを見たらアウトですので注意が必要です。

一方、ホルダーにセットしたスマートフォンで通話をしたり、固定されたスマホやカーナビの画面を見たりすること自体も罰則にはなりませんので、今後このようなアイテムが人気になってきそうですね‼︎

ながら運転罰則強化でコーヒや飲食でアウト⁉︎

ながら運転は、当然スマートフォンの操作以外の「ながら」も含まれますので、飲食でもアウトかなって思う方もいると思いますが、今回のながら運転罰則強化では缶コーヒーを飲みながら・たばこを吸いながらの運転が即取り締まりの対象とはなっていないようですね。

しかし、過去には飲食をしながらの運転操作ミスが事故につながった事例もあります。

箸と弁当を持って両手がふさがってしまう・食べ物の開封に手間取り運転がおろそかになるといった行為を見とがめられた場合は、検挙の対象となりえますので、注意が必要です。

ながら運転罰則強化について まとめ

  • スマホは絶対に手に持たないようにすること
  • 2秒以上運転の視界から目が離れないようにすること
  • 飲食などでは、運転に集中できない行為・両手がハンドルから離れる行為を避けること

といったところでしょうか。

ながら運転は、運転に対する集中力を散漫にさせる可能性もあり、自分のみならず他者のその後の人生に大きな影響を及ぼす可能性があることだと、調べてみてあらためて思いました。私もついついスマホを見ながら運転しまうことがあるので気をつけていきたいと思います。 最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク