2020年にブレイクしそうなお笑い芸人「ラランド」がおもしろ荘に出演します。

まだ知名度の低い芸人がブレイクするきっかけとなる番組「おもしろ荘」ですが、「ラランド」も優勝候補として名を挙げています。

しかし、一方で売れてないという声があります。

売れないということは、「ラランド」のネタは、面白くないのでしょうか?

今回は「ラランド」についてまとめてみました。

おもしろ荘【ラランド】とは

事務所に所属せずアマチュアで活動しているのお笑いコンビ・ラランドは、さーやさんとニシダさんで結成されています。

さーやのプロフィール
本名:門倉早彩(かどくら さあや)
生年月日:1995年12月13
出身:東京都

立ち位置は向かって左側、ボケ担当のさーやさん。

さーやさんは中学校~高校時代に友人と星にちなんだ「アポロン」というお笑いコンビを組んでいたそうで、現在のコンビ名もそれに習って「ラランド」にしています。

お笑いサークル時代は複数のユニットを兼務して活動しており、高比良くるま・植木おでんとのユニット「ピカリ宇宙論」、コントを行う男女コンビ「ひずみ」などがありました。

実は以前に子役として活動していた経験があり、演技力には定評があります。

M-1グランプリ2019出場時は現役OLとして広告会社に勤務していましたが、ブレイクしたら辞められるかもしれませんね!

 

ニシダのプロフィール
本名:西田亘輝(にしだ こうき)
生年月日:1994年7月24日
出身地:山口県

この投稿をInstagramで見る

宣材写真🔥

サーヤ(ラランド)(@sa__yah)がシェアした投稿 -

立ち位置は向かって右側、ツッコミ担当のニシダさん。

現役大学生の芸人として活動しており、2019年のM-1グランプリ出場時はまだ大学生でした。

しかし出席日数が足らなかったりテストを受け損ねたりで留年、中退、復学を繰り返しています。

よって現在学年が不明となっていますが、本人いわく6年生だそうです。

“大学もまともに卒業できないような怠けもの”という通称で呼ばれているので、なんとしても今年で卒業したいところですね。

 

2人の出会いは同じ大学で、上智大学外国語学部イスパニア語学科の同級生でした。

当初は2人ともアカペラサークルに入ろうとして新入生歓迎イベントに参加したのですが、明らかに2人だけ場に馴染めず浮いていたとか。

それから仲良くなり、お笑いサークル「Sophia Comedy Society」に入部したさーやさんが、先輩から「学科に太った人か外国人がいたら連れて来て」と頼まれました。

そこで、太っているニシダさんを連れてなかば強制的に入部させ、男女お笑いコンビ「ラランド」が誕生したそうです。

現在はさーやさんが会社員として週5勤務なの、月に10回程休日や平日の夜に開催されるライブに出演しています。

今年のM-1グランプリに出場した際は、アマチュアながらも準決勝進出と大奮闘しています。

おもしろ荘でのブレイクに期待大ですね!

 

ラランドはつまらない・おもしろくない!?

主にコント漫才をしており、さーやさんが多様なキャラを演じながら軽快にボケるのが見どころとなっています。

これについてつまらないという声は無さそうですね。

2人の原点は“キラキラしたものへの違和感”だそうで、ちょっと一般人とは違った世界観で浮いている2人だからこそできるのでしょう。

ラランドはおもしろいとの声も

ツイッターをみていると、やはり面白いという声が多く感じますね。

お笑いのネタはもちろんのこと、見た目のインパクトとして太っているニシダさんの体型もとても芸人映えするのでしょう。

 

ラランドのまとめ

「M-1グランプリ2019」で唯一アマチュアコンビとして準決勝進出を決めたラランド。

毎年若手芸人の登竜門として知られている「おもしろ荘」に出演することで、大注目を集めそうですね!

2020年のブレイクに期待したいです!