1月12日(日) に「ジャンクSPORTS しぶこが笑えば稲垣も笑う!いよいよ五輪イヤーだよSP」が放送されます。

女子ゴルフ黄金世代大集合スペシャルで、渋野日向子選手がスタジオ初登場し、そのほかにも小祝さくらさんが登場します。

今もっともスポーツ界を賑わせている女子ゴルフ界ですが、「黄金世代」といわれる彼女たちのなかでも、群を抜いて注目を集めているのが小祝さくら選手です。

プロ2年目にしてツアー賞金ランキング6位(約5900万円)と世代トップの成績を誇ります。

そんな小祝さくらさんの家族構成や経歴について調べてみました!

小祝さくらの経歴・プロフィール

小祝さくらのプロフィール
氏名:小祝 さくら(こいわい さくら)
生年月日:1998年4月15日(22歳)
身長:158 cm
出身地:北海道北広島市

小祝さくらさんは宮里藍さんのファンだった母親にすすめられ、8歳でゴルフを始めます。

アマチュア時代は「北海道女子アマチュアゴルフ選手権競技」「北海道ジュニアゴルフ選手権競技」などで軒並み優勝しています。

2017年から辻村明志氏のもとでレッスンを積み、プロテストには初挑戦で合格します。

2018年は年間獲得賞金ランキング8位で初のシード入りを果たしました。

2019年7月の「サマンサタバサガールズコレクション・レディーストーナメント」では大会レコードを更新し、ツアー初優勝を果たします。

小祝さくらの父はどんな人?

小祝さくらさんは母子家庭で育っていますので、物心ついたときから父親はいなかったそうです。

父親と離婚された理由は不明ですが、18歳の時に小祝さくら選手を産んでおり、そのとき父親は25歳と若い夫婦の結婚だったようですね。

小祝さくらの母はどんな人?

小祝さくら選手の母はひとみさんと「宮里藍選手の大ファンだった母親のゴルフレッスンについていった」ことが、ゴルフを始めるきっかけとなりました。

母親はスナックを経営しており、プロテストに合格する資金集めのために毎日朝4時まで仕事をしていました。

高校の試合は費用の半分を学校側が負担してくれるのですが、その他は実費でかなりの額がかかります。

昼は娘の練習についていけるように、夜の仕事であるスナックの経営をしていたそうです。

 

ひとみさんは自身の練習場所「札幌リージェントGC」のキャディーマスター室で小祝さくらさんをアルバイトさせます。

そしてバイト代から月3万円は必ず家に入れるようにし、残りは受験のため貯金をさせていました。

まさに母娘二人三脚でつかみ取ったプロの道だったのですね!

小祝さくら選手も自分のために働く母親の姿を見て、早くプロになって楽をさせてあげたい!と懸命に努力したことでしょう。

もともと小祝さくらさんは運動が苦手だったようで、そこからプロゴルファーになるのは並大抵の努力ではなかったことでしょう。

小祝さくらの家族構成

小祝さくらさんには弟:歩夢くんがいるので、母親と3人家族ですね。

シングルマザーのひとみさんが女手一つでさくらさんと歩夢くんを育ててきたというのは、相当な苦労だったと思います。

母子家庭で家を空けることが多かったひとみさんですが、休みの日くらいは一緒にいたい、という思いもありゴルフをすすめたのでしょう。

さくらさんいわく、『お母さんと一緒にいたい』という気持ちがゴルフ熱をあげたそうです。

まとめ

実力もあり安定感を見せている小祝さくらさん。

とても落ち着いた雰囲気で大人びていますがまだ22歳なんですね!

実は母子家庭で、母と二人三脚でプロゴルファーになる夢をかなえました。

一家の大黒柱として、今後ますます活躍していくことっでしょう!