2020年1月14日にインスタグラムで公開した1枚の写真がネットで話題になっていますね。

リハーサル中の姿を写した写真が掲載されていますが、浜崎あゆみさんが来ているパーカの意味など、どこのブランドなのか調査してみました!

浜崎あゆみのインスタパーカーが話題!

さっそく話題になっている画像がこちらです!

ネットではパーカの文字が意味不明すぎるなどの声が上がっています。

View this post on Instagram

『サイゴノトラブル』では、初挑戦のステージ形状にトライしてみたく、相方ヤンカシと最終確認しながら大詰めに入っております✨  これが決まったらいよいよ監督はじめコリオチームとの打ち合わせを経て、一座一丸となってトラブルツアー最後となるスタジオリハーサルをスタート‼️  Promised Landが、‘あの曲’ で終わった真意を紐解く時がもうすぐそこまで.......。   #トラブルツアー2020 #サイゴノトラブル #これが本当のファイナル ・ ・ ・ #小さい頃流行ってたようなヘアクリップ #ベーシックな色と形と大きさ色々揃えて #スワロで埋めてもらう #髪でもキャップでも服の襟とかでも #可愛くてどハマり中 Photo by @masayukikamo

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

たしかに英語ではなさそうですね。

文字はロシア語を表記する際に使うキリル文字であるように見えるが、単純に、書かれている意味をあてずっぽうに推測するファンのほかに、何らかの罵り言葉ではないかと推測したり解説したりする向きもあり、様々な憶測を呼んでいる。

これだけインスタにアップしていると、何かしらの浜崎あゆみさんからのメッセージなのかと気になるところですね。

 

浜崎あゆみのインスタパーカー文字の意味は何?ロシア語?

表記解読が難しいですが、どうやら

「Идинахуй」

と表記されていることを突き止めました。

こちらを翻訳してみると、驚きの言葉でした。

F●●k y●uという意味になるので、まぁこれが大人の方なら何を意味するかは察してください笑

ただロシア語的にも、意味合いは違いましたが、表現としてはよくない意味でした。

単に服のデザインで深い意味はないように見えますが気になる方はいると思います。

浜崎あゆみのインスタパーカーについてネットの反応は?

浜崎あゆみのインスタパーカについての反応
ロシア語圏に住んでいたワイが解説するで。 「иди на хуй(イッジーナフイ)」とは、英語で言う、「fxxk you!」や「fxxk off!」だね。日本語では、「消え失せろ」とか、「くたばれ」とかかな。「хуй тебя!」なんて言い方もある。 あのパーカ、どこで手に入れたのだろう。欲しい(笑)
浜崎あゆみのインスタパーカについての反応
キリル文字
今、キリル文字は流行りなのか。
浜崎あゆみのインスタパーカについての反応
意味わかってないと思うけどなぁ🤔
なにしても指摘されちゃう人って
いるよね

 

浜崎あゆみのインスタパーカーはどこのブランド?

ネットで拡散されていることもあり、パーカーに注目が集まっています。

浜崎あゆみさんの影響力まだまだ健在だということが分かりますね!

こちらのパーカー、調べてみたところ『VETEMENTS(ヴェトモン)』というブランドであることがわかりました!

ヴェトモンのパーカーはこちら

VETEMENTS(ヴェトモン)

ファッション界からも高い注目を集める新鋭ブランド、VETEMENTS(ヴェトモン)

VETEMENTS(ヴェトモン)はルイ・ヴィトンやメゾン・マルジェラなどで経験を積んだデムナ・ヴァザリアが2014年にスタートしたブランド。袖の長いトップスや極端にオーバーサイズの服が注目を集め、瞬く間にファッション界で最も注目されるブランドの一つとなりました。デムナ・ヴァザリアはアレキサンダー・ワンの後継としてバレンシアガのデザイナーにも就任しています。デザイナー、ブランド共に今後の動向から目が離せないブランドです

ちなみにこちらの商品はネット通販で購入可能ですので気になる方はチェックしてみてください!『VETEMENTS』というブランド、私は初めて知りましたがモノトーンな物や個性的でおしゃれですね。

さすが芸能人の方が愛用することもあり金額としてはハイブランドの商品です。

浜崎あゆみのインスタパーカー まとめ

今回は浜崎あゆみさんのインスタパーカーについて調査しましたがいかがでしたでしょうか?

私としては普通に服のデザインとして、特に深い意味はないと思いました。

まぁ浜崎あゆみさんだからこそ話題になったことだと思います。

母となった浜崎あゆみさんに今後も注目していきたいと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございます!