29日にやりすぎ都市伝説 スペシャルでビルダーバーグ会議のことについて語られました。

裏で世界を操るサミットと言われているようですが、一体どんなサミットなのでしょうか?

今回はそんなビルダーバーグ会議について調査致しました。

【やりすぎ都市伝説】「ビルダーバーグ会議」について語られる。

関暁夫が29日に放送されたやりすぎ都市伝説でビルダーバーグ会議についてや今後はリモートコミュニケーションやVR空間を作っていく世界になっていくと話されました。

世界秩序を変えていくテクノロジー社会が浸透していって、トランスニューマニズムが進んでいって、機械で脳を動かしていく時代になっていこうとしていくとのこと。

精神テクノロジー文明になってくると話されていましたね。

そもそもSNSで以前から注目されているビルダーバーグ会議ってのは、どんなサミットでメンバーや目的は何なのでしょうか?

ビルダーバーグ会議とは何で日本人メンバーがいない理由は?

「ビルダーバーグ会議」とは?

「ビルダーバーグ会議」とは高い影響力を持つ政治家や金融機関、多国籍企業などの代表者130人にも及ぶ数の

有力者メンバーによって国際問題や環境問題、政治問題などについて話し合う会議のことです。

1954年に最初の「ビルダーバーグ会議」が行われて以来、1年に1回現在もなお開催され続けているようです。

またビルダーバーグ会議には日本人メンバーがいない、参加できないとうい噂もあるようです。

しかし「ビルダーバーグ会議」に参加した唯一の日本人「田中伸男」であり2009年にアテネの地にて「ビルダーバーグ会議」が開催された時は当時の国際エネルギー機関事務局長であった「田中伸男」氏が日本人で唯一の参考人として参加したことがあると言われています。

日本人がビルダーバーグ会議に参加できない理由としては、基本的に日本はアメリカの所有物とみなされているという見解もあるので、日本人は呼ばれないのではないかと思われます実際のところ明確には分かりませんでした。

【やりすぎ都市伝説】「ビルダーバーグ会議」について ツイッター反応は?

【やりすぎ都市伝説】「ビルダーバーグ会議」について まとめ

ビルダーバーグ会議とは影響力を持つ政治家や金融機関、多国籍企業などの代表者が政治問題について話し合う場だったんですね。

その他にもスマートリングとか バイオニフィケンなど様々なパワーワードが出ましたね。

また近い将来実現する VR世界への移行の準備とか内容が盛りだくさん過ぎて未来が楽しみですね。