2020年にブレイクしそうなお笑い芸人「ベルサイユ」がおもしろ荘に出演します。

まだ知名度の低い芸人がブレイクする登竜門のようになりつつある「おもしろ荘」ですが、「ベルサイユ」も優勝候補として名を挙げています。

しかし、一方で「ベルサイユ」は売れてないという声があります。

売れないということは、「ベルサイユ」のネタは、面白くないのでしょうか?

今回はその出演者の中でプロダクション人力舎所属の「ベルサイユ」についてまとめてみました。

おもしろ荘【ベルサイユ】とは

ベルサイユのプロフィール
本名:森田 えり(もりた えり)
生年月日:1986年7月11日
出身:奈良県
血液型:B型
身長:151cm
趣味:スノーボード

松竹芸能所属の女芸人・ベルサイユさん。

芸人になろうと思ったきっかけは小学生の時に行った遠足のバス車内で、漫画のあらすじや感想をみんなの前で話した際に大ウケしたことだったそうです。

まだ小学生ながらも、人を笑わせるのはとっても気持ちのいい!と衝撃をうけたそうです。

 

その後紆余曲折しながらも2014年4月、トリオ「愛してマリー」を結成して芸人デビューします。

「愛してマリー」は2016年1月に解散してしまいましたが、その後はピンで活動するようになります。

その年のNHK総合『30秒芸人』に出演するやいなやいきなり優勝を獲得し、2018年は「新人お笑い尼崎大賞」「関西演芸しゃべくり話芸大賞」で決勝に進出しました。

 

最近では女芸人No.1決定戦 THE W、歌ネタ王決定戦に出演し、準決勝に進出して世間に広く知られるようになりました。

ベルサイユさんは「遠藤奈美のような、妹尾さん好き、晃瓶さん好き、男の人はみんな好き、と言うような罪作りなぶりっ子にならないこと」というポリシーがあるそうです。

また、人気番組「とんねるずのみなさんのおかげでした~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」に出演したことも知名度アップにつながっています。

ちなみにこの番組ではモノマネが終わろうとするときに床が開いて下に落下するのですが、司会の木梨憲武さんが「あの子、きれいなんだよね~」とそのビジュアルを絶賛したそうです。

美しいのにおもしろい・・・これはブレイクの予感しかないですね!

 

「ベルサイユ」はつまらない・おもしろくない!?

やはり期待されているベルサイユさんですから、おもしろくないという声はなかったですね。

まだあまり認知度がないので、どういう経歴の人か気になる声も多くありました。

「ベルサイユ」はおもしろいとの声も

ベルサイユのまとめ

自虐ネタやモノマネ、またその美貌で人気を獲得しているベルサイユさん。

つい先日出演した「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で知名度を高めたこともあり、今年のおもしろ荘の出演をチェックする人も多いでしょう。

2020年のブレイクに期待したいですね!