スポンサーリンク

エイリアンの中でも崇高な存在として知られるアヌンナキ。過去にイランの洞窟で、推定年齢12000歳の巨人が発見されているようです。

今回はそんなアヌンナキについて冷凍保存動画等についてまとめました。

スポンサーリンク

アヌンナキって誰?人類の起源とされる宇宙人⁉

宇宙人のアヌンナキって何?

宇宙人アヌンナキは、惑星ニビルに住む宇宙人であり約45万年前に、惑星ニビルは大気が宇宙空間に流出し、絶滅の危機にひんします。

その際に、黄金の粒子で大気が流出しないようにシールドをはり、その危機からは脱しました。
ですが、黄金がまだまだ大量に必要でした。

そこで、アヌンナキは黄金の含有量が多い惑星を探し回り、地球にたどり着き、地球で黄金の採掘を始めましたと言われています。

またアヌンナキは、金を採掘する一方で、地球の環境を整えました。

地球の暦で紀元前3500年ころに、現在のイラク南部あたりで「シュメール文明」という文明が発達しました。

このシュメール文明は、非常に高度に洗練されていたのにもかかわらず、突然現れたのです。

通常、文明が洗練されるためには、洗練されていない文明の期間があるものですが、シュメール文明は違いました。

先行する文明が存在しないにもかかわらず、いきなり文字・文学・高度建築・法律などが整備されていたと言います。

スポンサーリンク

アヌンナキの冷凍保存が発見!推定年齢12000歳の巨人が冷凍睡眠状態で発見されていた⁉

そんなエイリアンの中でも崇高な存在として知られるアヌンナキが人類を作ったという伝承が存在するが、彼らが降り立った地、シュメール(現在にイランの洞窟)で冷凍保存の状態で発見されていたようです。

イランの洞窟で、推定年齢12000歳の巨人が発見された。巨人は仮死状態だが、生きているという噂もあるとのこと。

巨人の身体はガラス製の容器の中に収められていており、この容器は一種の冷凍睡眠装置であるとみられている。

未知の技術によってガラス容器内の時間の流れが変えられていた可能性もあるとのこと。

洞窟は約30メートルの巨大な暗黒の物質で覆われており、その内部には解読できない未知の文字がびっしりと書かれていたといたそうですね。

この仮死状態の巨人は、40万年前に地球にやってきた宇宙人「アヌンナキ」だという説がある。

アヌンナキは猿の遺伝子を改造して人類を創造。6000年前にチグリス・ユーフラテス川流域に勃興したシュメール文明も、アヌンナキによって与えられた知識と技術が土台になっているとされています。

そんなアヌンナキの冷凍保存について語られているYouTubeの動画がいくつかありましたのでいくつか動画を紹介致します。

 

スポンサーリンク

人類の起源とされる宇宙人アヌンナキについてネットの反応は? 

アヌンナキについてや冷凍保存動画について まとめ

アヌンナキは惑星ニビルに住む宇宙人の名前であり神々の集団の総称ということがわかりました。

冷凍保存状態で発見された仮死状態の巨人は、40万年前に地球にやってきた宇宙人「アヌンナキ」だという説があると言われており

凄く偉大な人物だったのが分かりますね。

スポンサーリンク