きくちゆうき先生がSNSで投稿し続けていた「100日後に死ぬワニ」ですがついに100日目を迎えてネットで話題をよんでいますね!

今回は100日目に出てきたひよこをテーマにしワニがなぜ花見に来なかったのかなど考察やネットの反応をまとめました!

「100日後に死ぬワニ」100日目が投稿

きくちゆうき先生が投稿し続けていた「100日後に死ぬワニ」がついに100日目を迎えました。

100日目には花見に向かっていたワニでしたが、友人らが遅いと思いねずみが迎えに行くことに。

そして途中赤信号でねずみは目の前のさくらの写真を撮ってワニに送ります。

その後ワニはひよこを助けたのかスマホが地面に落ちており、這いつくばっていたようです。

最後のコマは桜満開の道路でした。

とのように最終回の内容は漫画のタイトルのとおり、ワニが命を落とすというものだった。

100日後に死ぬワニのひよこがワニの死因?

ストーリーを簡単に説明すると、ワニを含む仲間同士で花見をする約束をしていたが、なぜかワニが現れない。

心配したネズミがバイクでワニを迎えに行くなか、赤信号で止まっている最中、桜が美しかったのでスマホで撮影。

そしてシーンは変わり、車道を歩くヒヨコをワニが助けて歩道に導いたところでストーリが終わっていますね。

このことから最後の死は恐らく交通事故死ではないかと思います。ひよこを助けたことによるワニの死因ではないかと考えます。

100日後に死ぬワニ ネズミとワニがいた道は同じ道なのか? 考察等まとめ

ネットでは100日後の結末について様々な疑惑が出ている、その中でもネズミのバイクが走っていた道と、ワニとヒヨコがいた道が、同じではないかといわれている。

そして、ネズミのバイクがワニをひいたため、ワニが死んでしまったのではないかというのだ。実際に漫画を見てみると、確かに同じ道のように思います。。

もう一つ疑惑が浮上しているのは、ワニがヒヨコを助ける直前のコマでは、レッドとグレーの車体とタイヤが少しだけ描かれており、その車体がワニをひいたとしても、それはネズミのバイクとデザインが一致しないのが気になりますね。

そうだとするとネズミはひいてないのではないか?と思うかもしれないが、ネズミが赤信号時にスマホで桜を撮影したいたとき、周囲から「ぷっぷー」というクラクションと思われる音が出ていた。

おそらく、ネズミが桜を撮影している最中に青信号に変わったと考えれますね。

クラクションで焦ったネズミが周囲を確認せず発進してワニを轢いてしまった可能性もありますし、逆に言えば青信号になっても進まないネズミを避けて、後続車がネズミのバイクを追い越して急発進し、ワニをひいたとう事も考えることが出来ますね。

「100日後に死ぬワニ」100日目が投稿 ネットの反応まとめ Twitterまとめ(考察)

100日後に死ぬワニのひよこがワニの死因?まとめ

今回は100日目に出てきたひよこをテーマにしワニがなぜ花見に来なかったのかなど考察やネットの反応をまとめましたがいかがでしたでしょうか?

さまざまな説が浮上しているが、ネズミがワニをひいたのかどうかは明確になっていませんが、人によっては色んな最終回の捉え方が出来て楽しいですね。

また、今後のきくちゆうきさんの作品が楽しみですね。最後までお読みいただきありがとうございました。